« 2008年7月 | トップページ

AV機器の買い時2009

本欄では、2009年のAV機器の買い時について、2/17日現在の情報をもとに、検討してみよう。

まず、薄型テレビであるが、最初の選択肢は、液晶の倍速で満足するか、それに加えて、プラスαの付加価値を求めるか、という選択をすべきではないか、ということ。
前者であれば、液晶のほとんどはすでに倍速となって、ブレ対策が進んでいる。あとは、最近流行のハードディスク内蔵にするか、チューナーとディスプレイ部の分かれた超薄型にするか、でメーカーも自ずとしぼられてこよう。

問題は、後者の付加価値を求める場合だ。その代表例が、昨年から高級機種で導入された、バックライトをLEDとしたものだ。LEDにするメリットは、いろいろと挙げられているが、例えば、(1)LEDの照度を部分的に制御できるので、画面全体のコントラストを劇的に引き上げることができること、(2)LEDをつかうと、色の表現領域がひろがること(ただし、この機能をフルに生かすためには、プレイヤーやソフトの仕様なども関連するので、万能とはいえない)、(3)ぶれ対策も通常の倍速制御にかえて、部分的な黒挿入などより自然な方式を導入できること、(4)LEDの配置を工夫すると、超薄型パネルが可能となること、などだ。

実は筆者もLED式の購入を狙っている。しかし、現行では46インチ以上の大画面専用で、かつ値段も高止まりしている。ただ、本年中には参入メーカーの広がりや、より普及モデルへの展開も展望できるので、それを心待ちにしている。

一方、ブルーレイ・レコーダーについては、昨年のAVC録画機能の発展で機能的にはかなりこなれたものになったといえる。松下が半年足らずでラインアップを一新したのには驚いたが、筐体が小さくなるなど、前向きなコストダウンや、機能アップがはかられているようだ。個人的には、!GBの機種を使っているので、250GBや350GBなどの限られたHDDではなく、予算の許す限り大容量にした方が、悔いがないのではないかと思う。また、パナソニックとソニー以外のメーカーの奮闘も期待したい。

2/17日記


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ