« モツレクを聞く | トップページ | 映画「ナンバー23」観賞記 »

ニッサン GT-R

現在開催中のモーターショーでニッサンブースの注目はなんといってもGT-R。これまでのモーターショーでもプロトタイプが開催直前に発表されて話題をさらったことを思い出す。

雑誌でもいろいろスペックについては、憶測を呼んでいた。V6か、V8か。FRか、4WDか。など。

ふたを開けてみて、予想を上回っていた高スペックな点がいくつか登場した。以下、そうした点を検討してみよう。

第一にエンジンだが、V6にツインターボ。ただ、排気量は今までにない、3,800ccである。そしてエンジン形式もVR38となった。これまでのGT-Rのエンジンが中身は別物といいつつも呼称は、RB26DETTと、既存のRB系を名乗っていただけに、本気度が高いということか。量産には向かない、少量生産用のエンジンのようだ。

また、スペックも、480PS, 60.0kg-mという国産車とは思えない数値。これはエンジンのみではなく、駆動系やシャシーも既存のモデルではとっても吸収できるものではないことが一目瞭然だ。

第二に、トランスミッションがエンジンと分離され後輪側に配置されたこと。これは通常のFRやFRベースの4駆では絶対にできないことである。当然、トランスミッションは、新設計。しかも、日産発の2ペダルシフト。欧州車や日本でもランエボなどが採用してはやりつつあるものである。欧州はまだしも、米国でも販売しようと思ったら、MTだけではつらい。かといって、トルコンといっても日産系にはこれだけ大容量のものは存在したない。

ニッサンは量産車種でも6速ATの採用が遅れたり、ミッション系の開発が弱い。そこで今回は気を入れて新開発としたわけだ。これにはかなりコストもかかっているだろう。

第三に内装もスカイラインからの流用をやめた。777万もする車なので当然といえばそうだが、これまでのGT-Rはシートこそスパルタンなものがついていたが、インパネ等はクーペの流用であったので大進歩である。

というわけで、個人的には、R34からこれだけ間隔を開けての再登場で、シャシ系などが既存の焼き直しだと全くインパクトがないなあ、とやや心配していただけに、よく頑張った、と評価したい。

11/4日記

|

« モツレクを聞く | トップページ | 映画「ナンバー23」観賞記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16910/16968898

この記事へのトラックバック一覧です: ニッサン GT-R:

« モツレクを聞く | トップページ | 映画「ナンバー23」観賞記 »