« 上毛電鉄を使って | トップページ | モツレクを聞く »

どこまで肥大化する欧州車

今、フランクフルトでモーターショーが開かれている。日本車では、マツダのアテンザがフルモデルチェンジされる。

最近のマツダのダイナミックなデザインは依然好調で、新型もサイド・ビューはやや新型メルセデスCクラスに似ているが、なかなかモダンだ。

欧州勢では、プジョーの308とアウディのA4がモデルチェンジするという。いずれもそのメーカーにとっては、主力車種だ。最近のプジョーや407などかなりえぐいまでので先鋭的なデザインを採用している。それはよいとして、全幅が1820ミリ程度にまで達するという。4,200ミリちょっとなので、いわゆるゴルフ・クラスの車だが、これはちょっと行き過ぎではないか。

同様に、A4も、全幅は、1800ミリ超だという。確かにライバルのBMWの3シリーズもすでに1800ミリを超えているが、新型Cクラスは確か1800ミリは超えていないようだ。

なぜ、かくも欧州車はこのところ幅の拡大が著しいのだろう。そんなに欧州の駐車場は広いのだろうか。

メーカーはよく側面衝突をその理由とするが、技術も進んでいるので、かならずしも幅がなくては安全性が確保できない、という単純な話ではあるまいに。

9/13日記

|

« 上毛電鉄を使って | トップページ | モツレクを聞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16910/16437795

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで肥大化する欧州車:

« 上毛電鉄を使って | トップページ | モツレクを聞く »