« 46センチのメリット、デメリット | トップページ | 上毛電鉄を使って »

赤レンガ倉庫とマツダ・デミオ

前からマツダのデミオのデザインに惹かれていて実車をみたいと思っていたのだが、なじみのないディーラーにいくのもちょっと、と思っていたら、横浜の赤レンガ倉庫で、デミオの特別展示をやっているのを発見し(7月からすでに開催されており、9月9日に終了)、日曜日に行ってきた。

赤レンガ倉庫の前は大きなオープンスペースになっており、確かに、車の展示にはうってつけのロケーションであった。

ディスプレイも凝っており、コンテナにデミオとデザイナーがイメージしたデコレーションが入っている。また、奥の方には、カラーバリエーションがわかるよう、全塗色が用意されている。

また、カフェもあり、ちょっとしたテストライドもできるようだった。

実車をみた感想としては、写真で見た印象を裏切るものではなく、コンパクトカーにしては、躍動感のあるスタイリングで、気に入った。路線としては、ビッツに近いが、縦の線を強調したビッツとは違って、デミオはより軽快かつダイナミック。

どの角度からみてもボディが平板ではなく、ダイナミックな曲線に包まれている。なかなか秀逸だ。運転席に座るチャンスはなかったが、室内空間はどうであろうか。

最近のマツダは、国産メーカーの中でデザインは最も優れているのではないか。CX-7やRX-7も好きだ。局面の使い方がうまい。しかもただうねうねとしているのではなくて、躍動感があり、無駄がない。マツダというオリジナルティが感じられる。そしてトヨタの一部車種のように、消費者にこびたところもない。

9/2日記

|

« 46センチのメリット、デメリット | トップページ | 上毛電鉄を使って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤レンガ倉庫とマツダ・デミオ:

« 46センチのメリット、デメリット | トップページ | 上毛電鉄を使って »