« 最後の奮闘、中央線201系量産第一編成 | トップページ | 赤レンガ倉庫とマツダ・デミオ »

46センチのメリット、デメリット

46センチとは、中央線快速のE233系の一人あたりシート幅である。広くなった、と思ったE231系よりもさらに1センチ広い。

たかが1センチというなかれ。体感的にも結構違うのである。ましてや201系や205系とは段違いである。これを特に感じるのが、帰宅時の快速線である。

201系では、皆が肌を触れあわないように、すわると、いわゆる7人掛けシートが、6人で埋まってしまう。もちろん半人分程度のスペースはできるが、ここに座ろうとするには、よほどスリムな女性か、「詰めてください」といえる勇気が必要。後者は得てしてトラブルの元。

かくいう小生も、いつも東京駅から座って帰るのだが、6人掛けで隙間が自分の隣にできて、罪悪感を感じたり、はたまた、デブ男が強引に7人目に座ってきて、肘の押し合いをしたり、ということがままあった。

これがE233系導入とともに大きく変わった。前述のシート幅に加え、鉄パイプによる強制区画がある。これでは6人掛けをしたくてもできない。また、となりが標準体型以下の女性なら、肘が触れあうこともなくなった。永年の問題解決、である。

しかし、である。利用者がE233系慣れするに従って、別の問題が生じてきた。たとえば、膝の上に抱えた通勤鞄から本を取り出そうとすると、当然肘が出っ張る。すると、それまで何ら干渉していなかった隣の人と一時的であるが、さわってしまうこともありうる。すると、隣の客が女性だと、露骨にいやな顔をする人がいるのだ。もちろんケース・バイ・ケースである。肘を出した僕も悪い。しかし、少しでも触ったら露骨にいやな顔をされるのはいかがなものか。

というわけで、E233系にフィットした座り方をマスターせねばならない。でも依然としてE233系がくると、ほっとする今日この頃である。

8/27日記

|

« 最後の奮闘、中央線201系量産第一編成 | トップページ | 赤レンガ倉庫とマツダ・デミオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 46センチのメリット、デメリット:

» 昔、デブ  今、スリム! [ちょい悪オジの独り言]
デブってよくいいますよね。 語源は 『江戸時代から「でっぷり」という擬態語が使われており、短縮・繰り返しの「でぶでぶ」という言葉が名詞化されたというのが一般的』 又、 二重あごを示す“Double chin”が「でぶちん」と誤解されでぶになったという説もあります...... [続きを読む]

受信: 2007.09.11 12:28

« 最後の奮闘、中央線201系量産第一編成 | トップページ | 赤レンガ倉庫とマツダ・デミオ »