« 江戸東京博物館「大鉄道博覧会」 | トップページ | 「洋上のインテリア」:船内装飾と建築にみる近代日本デザイン »

そうか、その手があったのか、、「特別車両」の件

突如として出現したE655系。
工場出場時の写真では、特別車両は覆いがされたまま。

今週に入って上野駅で公開されてようやく細部の情報が入ってきた。E655系ということなので、交直流電車ということはわかったが、ディーゼル発電機も積んで、非電化区間も機関車牽引で入線できるらしい。

そして、注目の車号は、特別車両がE655-1。サロでも、サでもない、奇抜な命名。157系と連結するように作られたクロ157-1が普通の車号を与えられていたのと比べると、扱いが明らかに異なる。

そういえば、クロ157-1は、低運転台の東海型であり、しかも、185系と連結するようになってからは塗装も白に緑の帯という、国鉄型特急色から様変わり。

話題をE655系に戻すと、残りの車両はクロ、とか、モロなど通常の命名法が踏襲されているものの、いずれも100番台とか200番台であるということは、やはり基本番台はE655-1だけに許された特権ということか。

レイアウト図をみると、普通車も三列シートで居心地はよさそう。でも、どの車両もむやみと機械室が大きい。これでは三列シートとあいまって、乗車定員はかなり限られてしまう。20~30人程度となってしまう。

また、冷房がJR東日本には珍しく一車両に二台搭載、ということは、特別に強力ということか。

詳報を待とう。

7/24日記

|

« 江戸東京博物館「大鉄道博覧会」 | トップページ | 「洋上のインテリア」:船内装飾と建築にみる近代日本デザイン »

コメント

コメントありがとうございます。確かに、E233系から始まった、二重化思想ですね。冷気は他の車両から持ってくるわけにはいかないので、ご指摘の通りだと思います。

Primera

投稿: primera | 2007.08.02 18:27

冷房を2台搭載しているのは、強力というよりは1台故障しても、残る1台で何とかカバーできるように、と言う考えでそうしているように思います。
 一般型(これは通勤型でもいいのかな)のE233系も主要機器を二重化して片方が故障しても残る片方でなんとかカバーするようにしているくらいですから、貴賓車であればなおさら、ではないでしょうか?
 ついでに、E655-1に何も記号がつかないというのも、皇室用客車には伝統的に記号がない、という前例を踏襲したのだと思います。クロ157形のほうが例外だったのでしょう。

投稿: ごまめ | 2007.07.28 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうか、その手があったのか、、「特別車両」の件:

« 江戸東京博物館「大鉄道博覧会」 | トップページ | 「洋上のインテリア」:船内装飾と建築にみる近代日本デザイン »